予測する

さらに口コミサイトでの「やらせ投稿」などの問題も表面化しており、
ネット上で得られる第三者発の情報も信じてよいかわからない。
失敗したくないゆえ、「消費に関して、自分が間違った判断を
してしまうのではないか」と考えている人が、46%と半数近くに達している。
上野 キャバクラ

そんなことから「迷える消費者」の時代になっているといえよう。
われわれは、情報の氾濫は今後も止まることはないと予測する。