トヨタではない

ここからが大事なのだが、1955年に軽自動車規格ができて以来、
国内メーカーは激しい切磋琢磨を繰り返して小さなクルマづくりの
膨大なノウハウを貯め込んできた。ミニマムクラスのクルマづくりにおいて、
世界一技術を持っているのは間違いなく日本なのだ。
市川 デリヘル

「そんなことは当たり前」という声が聞こえてきそうだが、問題はその
世界一技術を持っているメーカーだ。それはトヨタではない。