リズムを整える

もうひとつ時計遺伝子の働きを助けるのが、1日3食の食事。
午前8時前に起きたならば、朝食をしっかり食べ、
昼食も夕食もいつもどおりにとるのがコツ。
年賀では、自宅や親戚宅などでお節料理が振る舞われる。
飲み会コンパニオン

しかしダラダラと際限なく食べ続けるのも、時計遺伝子の働きを乱す
引き金になるそうだ。朝食、昼食、夕食のリズムを整えることが必要となる。