歯止めがかからない

東京電力で、福島第一原子力発電所の事故後の依願退職者に歯止めがかからない。
また事務部門でも電気料金の複雑な計算を処理するノウハウが必要とされ、
東電はこうした技能やノウハウを遺していかなければ、
将来の電力の安定供給に影響が出る懸念があるという。
本庄デリヘル


人材の流出が続くなか、東電は一方で3年ぶりの新卒採用に踏み切り、
14年3月卒業予定の大学、高専、高校卒者331人を内定している。