擁護する声

なぜ担当者の記憶だけで報告書を作ることになったのかという
根本の原因には、結局触れることはなかった。
虚偽報告をめぐる不可解な点が、今になっても
クリアにならない状況に、いら立ちを募らせているのは金融庁だ。
横浜 風俗 求人

一時は幹部の間で銀行を擁護する声もあったが、
もはや全くその擁護する声は聞こえなくなった。