議論は難航

総務省が期待するのは自動車業界の足並みの乱れだ。
軽自動車は大きさや排気量の制限に加え、
高い燃費性能や室内空間の広さなどを両立するため、開発費用が高い。
業界関係者は「軽の利益率は小型車の2分の1程度。
埼玉デリヘル求人


普通車の販売を伸ばしたほうが経営的には有利だ」と認める。
双方の“応援団”が激突すれば議論は難航しそうだ。